RMS-141 2002.12-2003.2

取り敢えずいろいろといじってます。

製作イメージとしては設定画に近づけさせるため、全高を詰めると同時に接続位置を変更しています。

遠射用のライフルはプラ材からのスクラッチ、レドームはもともとFAZZ用にスクラッチしていたものを形状変更しながらやっていたのですが、

結局、一からスクラッチしたのと変わらなくなってしまい、面影が残っているのはそのサイズだけです。

ちなみに中空になっているところはパーツ流用ではなく、ガチャガチャのカプセルをヒートプレスしたものを使っています。

レドームの中身をもう少し詰まらせれば良かったと思っています。

ガンプラ製作にあたって留意している点としては、やはりシャープさに欠けるのでエッジと面に気を使ってやるところです。

塗装はエッジを殺さないように、塗料を極力薄めて吹いていきます。きっちり面を出していれば、メリハリがつくのでグラデーションは必要ないです。

個人的には黄色の調整に不満があります。浮かな過ぎない範囲で明るくしたかったのですが、下地の色に引っぱられたという印象が拭えません。

デカールは貼っていません。1/144ではうるさくなると思いますし、何より1/144用のステンシルを売っているところが周りにはないです。