VF-19A VF-X RAVENS 2004.8-2004.9

個人的にお気に入りの機体の上、出来も良かったので楽しくできました。

というより、ガンプラ以外は細かく考えず格好良く作れればよしというスタンスなんで、スケール物は大体楽しく(キットの素性によりますが)できます。

VF-Xレイブンズは精鋭部隊ですので、撃墜されることは滅多にないと考え機体の使い込まれた感や艦載機らしい汚れ感を出したいと思いました。

という訳で、今回の塗装は設定色を基本に吹き、その色の一段明るい・暗い色を作りパネルラインを中心に斑に吹いていき、リペイント感や汚れを出しました。

その上、ウォッシングをかけふき取り具合で空気の流れを表現しました。

バブルキャノピーだったら嬉しかったのですが、さすがのハセガワもVF-1で不良品と言われてやめてしまったようです。

まったく、パーティングラインを消せば見事にバブルキャノピーが表現できるのに…もったいない。

もともと透明度も高かったのでコンパウンドで磨きこんだだけです。撮影後、垂直尾翼が対称になっていないことに気付き修正しました。

エンジンノズルはうっすらと焼けた感じになるようにしました。

シールド部は消耗品の意味合いを兼ねてリペイント表現はしておらず、ウォッシングのみ施しました。

機体前部のひし形の穴はVFCなので、クリアーパーツははめていません。

脚部バーニアは市販パーツでデコレートしています。塗装はメタルカラーを使用しましたが、煤としてつや消し黒を吹いたのでほとんど効果がなかったです。

ガンポッドはセンサー部のディテールを変更しています。

ベース排気口には金属メッシュを使用、黄色の枠で囲んで警告の雰囲気を出してみました。