X-32 2003.12-2004.1

JSF(次期攻撃戦闘機)のボーイング製競合機]-32です。

結果は競合相手のX-35が採用されましたが個人的にはこっちが採用されてほしかったです。

年末年始モデリングとして1231日より14日の間に作りました。

キットはイタレリ製で合いはなかなかよくパーツ数が少ないのでストレスなく組み立てられました。

基本的には素組みですが、ピトー菅は真鍮パイプと真鍮線の組み合わせたものに変更、フラップはダウン状態で製作しています。

ウェポンベイは開状態、武装はAMRAAM(インストにはサイドワインダーと記してある)JDAMです。

塗装(基本的にMr.カラーです)はまずパネルラインにジャーマングレイを吹き308番でパネルラインの色を残しつつ吹いていきます。

実機では単色でしたが迷彩をやりたかったのでF/A22にしたがって317番を筆塗りで適当に塗った後

エアブラシを使い同じ色で筆ムラを消すように吹いていきました。

あまり似合わなかったなぁ、違う迷彩パターンを考えれば良かった。

エンジンノズルは銀を吹いた後、クリアーブルー、クリアーオレンジ、スモークグレイで適度に焼き表現を施しましたが画像じゃ良く分からないですね。

デカールはキットのものを使用。貼り付けた後、デカールの部分のみに182番+308番を吹きデカールを馴染ませています。

ベースは0.5oプラ板に筋彫りを入れて、適当に塗装しています。

フィギュアも作りたかったのですが時間切れでした。