F-15C 2016.04-2016.11

今回のお題は「F-15を作ろうぜ」でF-15のC型です。
キットはハセガワ製。
金型は結構きている印象。

まずはコックピット。

機種部分を接着していきます。

接着順は少しでも合わせ目が消しやすくする方向で決めました。

本体部分を接着したら合わせ目を消していきます。
合いはそこそこ。

本体を接着して乾燥待ちの間にパイロンのヒケを消します。
かなり引けています。

今回の接着順だとインテークの合いがイマイチ良くないです。

本体の合わせ目消しが完了したら主翼を接着します。

エアブレーキを接着。

エンジンノズルの組み立て。
プラ板を使ってちょっとディテールアップ。

持ち運びの関係で尾翼を取り外し式に加工します。

いろいろと加工して合わせ目が分かりにくくしていきます。

ある程度形になってきたので銀を吹いて形状確認。

キズとかを地道に修正していきます。
修正が完了したら再び銀を吹きます。

塗装にいきます。
まずはノズル周りから。
筆で適当に色を付けていきます。

筆塗りが終わったらエアブラシで色付け。

続いて裏面。

こちらも似たような処理をします。

表面処理していない部品も処理して銀を塗装。

続いて本体色。
何の捻りもなく308番。

本体色が終わったら迷彩。
まずは筆で迷彩の枠を塗っていきます。

筆で迷彩を適当に塗ったらエアブラシで筆目を軽く潰していきます。

本体の塗装の合間に脚の塗装。
迷彩が完了したら筆で面に表情をつけます。

表面も同様にやっていきエアブラシでチョイチョイ調整。

この段階でキャノピーに手を出しました。
こんなに本体との合いが悪かったっけ?
急いで調整。

削り込んで合いを調整したらコンパウンドで磨いて仕上げます。

エンジンノズルの塗装。
もう少しムラっ気が欲しかった。

武装はC型らしくスパローとサイドワインダー。
デカールを貼っていきます。

デカールはストライクマスター製。
国籍はサウジ空軍なのでそのようにします。
にしても自己主張が強い。

というわけで完成です。