SUZUKI GSX1300R 2013.02-06

gsx1300r001

例年のごとく「今年はナンバー付きのバイクを作ろうぜ」という運びになりました

バイクプラモを作るのは初めてです。

なので、キットは安心のタミヤから隼を選択しました。

ちなみに実車的にはエンジンとミッションとコンピューターが欲しいです。

gsx1300r002

まずは仮組み。

精度パネぇ、さすがタミヤ。

組み立てもエンジンをフレームで囲んでカウルを被せるという実車に近い作り方になっています。

まずフレーム等、塗装する部分はハイターに漬けてメッキを落としました。

gsx1300r003

ストレートなので書くことないですね。

ただ今回は初めてなのでフレームを接着する際には、エンジンをビス留めして組み立て時にきっちり合うようにしました。

慎重にやって損はないでしょう。

gsx1300r004

ハンドルやフロントフォークは一体成型なのでパーティングラインの処理が結構大変でした。

gsx1300r005

チェーンも丁寧にやらないと折れそうな感じです。

エキマニはプラ板でディテールを追加。

gsx1300r006

ある程度作業が進んだら塗装に移行します。

今回はシルバーと黒主体なので、部品ごとに混ぜ物をして微妙に色に変化が出るようにしました。

gsx1300r007

ブレーキディスクは地道にドリルで穴開け。

塗装も地道にマスキングして塗装しました。

gsx1300r008

マフラーの排気口にはメッキシルバー。

フロントフォークは色数が多いので、これも地道にマスキングして塗装しました。

gsx1300r009

ホイールはブロンズで塗装。

この色はカウルが何色でも大体合うので重宝します。

gsx1300r010

続いてカウルの塗装にいきます。

始めは黒でいこうかと思いましたが、白にしました。

gsx1300r011

デカールはMDプリンタで印刷したものを貼りました。

イラストはピアプロより、へびさんのものを使わせて貰いました。

素敵です。

gsx1300r012

その上からキットの隼デカールを貼ります。

で、クリアーを吹いて磨きます。

gsx1300r013

部品が全部揃ったら組み上げていきます。

細かいピン類はプラ材から切り出し。

手間ですが効果は高いと思います。