SUZUKI FRONTE(LC10) 2010.06-2010.07

今回のお題は某自動車屋さんに頼まれてスズキのフロンテを2台作ることになりました

キットはアリイ製(エルエス製?)でスケールは1/32

製作にあたってはネットで資料を漁りつつ自動車屋さんの要望も盛り込んでみます

2台はそれぞれグレードが違い、キットもそれに応じてランナーが差し替えてあります

まずはいつもどおりに仮組りをして各パーツの合いを確認したりすり合わせを行います

そしたら下回りを一気にくんでチョイとグレイを混ぜた黒を吹きます

今回はサフレスで行く予定なので、ボディの裏側も同じ色で塗っていきます

続いて内装を仕上げていきます

フツーはボディから仕上げるのがセオリーなのですが・・・

室内は基本的に黒一色なのですが、そのままだと味気ないので各部分で艶や色調を微妙に変えていきます

一通り塗ったらウォッシングをかけて馴染ませてから組んで内装完成

次にマフラー

とりあえずキットは出口の穴があいてないので開口

塗装はグレイ系の艶消し黒を吹いて、乾燥したらパステルをこすりつけて質感を出します

フロンテ360にはホールカバーが付いているので再現します

カバー代わりにコトブキヤの丸モールドを使いましたが、ピッタシ径が合わないので加工して使用

形状確認で色をつけましたが隙間が気になったので、溶きパテを使い隙間を埋めました

フロンテSSのホイールはキットのままでオッケーなので組んで塗ります

ちなみに左側が一番初めに塗った図

これはこれで良いのですが金属っぽくて物々しくなったので塗り直して右の図に落ち着きました

ボディ自体は筋彫りを深く彫り直したり、フェンダーの内側を薄くなるように削りました

モールドが多いので結構大変

各ランプ類は作り直すので穴を開けます

フロントバンパー下のダクトやヘッドライトも奥行きが欲しいので穴を開けました

穴を開け終わったら、ボディを表面処理をして塗装に移行します

塗装はまずは下地に発色を良くするため白を吹きます

赤はモンザレッド、緑はルマングリーンをベースに調色したものを塗装しました

赤は一発で決まったけど、緑はなかなか決まらなくて苦労しました

スミ入れは緑にはグリーンにレッドを混ぜたものを、赤にはレッドブラウンを流し込みました

それとSSにはエア抜きダクトが付いているみたいなのでプラ板を組んで作りました

360のホイールは銀で塗装

タイヤには白いラインが入っているので塗りました

ボディはクリアーを入れずにコンパウンドで磨いて仕上げました

磨き終わったらマスキングします

銀を吹き終わった図

この手の古い車は塗り分けが多いですね

クリアーパーツは軽く磨きます

ヘッドライトはレンズはキットのものを、基部には市販のバーニアパーツを加工したものを使用

ウインカー類は塩ビ板の絞り出し

シートベルトの基部はプラ板を切り出して作りました

ベルト本体はマスキングテープに色を付けたものを使用しています

左右非対称に設置すれば自然に見えます

これで車体のほうも仕上がったのでボディに組み込めば完成です