CELICA(ST202)  2008.02-2008.10

個人的には好きな車種なので徹底的にやることにしました

キットはタミヤ製でしっかりした作りになっています

いきなり切ったり貼ったりでバーフェンにしていきます

ここら辺は現物合わせ

別パーツのボンネットとフェンダーの間にプラ板を挟み幅増しして接着

フロントフェンダーから抜ける空気用の導風板はエポパテで製作

エアロパーツを作るのでコンポーネントの仮組みを行います

フェンダーのスムージングと一緒に形状変更

フロントリップはプラ板から作っています

ここいらで仮組みしときます

オーバーフェンダーの流れをスムーズにするためのサイドエアロとリア周りが寂しいのでリアウイングを作成

取り付けブラケットはトランク貫通式

マフラーはワンオフでなんちゃってMRにするためタイコを見せる形状に変更

ボディを無理やり引っ張って形状を変えたおかげでガラスパーツが合わなかったのでバラします

この段階で「中途半端はやめよう」とリアルMR計画が始まりました

とりあえずランボルギーニ風な配置を試している図

ランボルギーニ風ではエンジンが納まらなかったためミッションとエンジンは直結でいくことになりました

ミッションケースを延長してそれっぽくします

エンジンメンバーはプラ材から

ハンダで等長エキマニを作成しました

ここで駆動系一式仮組みです

ちゃんと収まってくれて一安心

マフラーの取り回しが変わったので配管を作り直します

抜けは悪そうです

エンジンを塗ってみました

エンジンフレームはエンジン積載位置を変えるために修正しています

足回りは別車種より流用

バネはステンワイヤーを巻いて製作

この時点での仮組み

エンジンがミッドになったので空気取り入れ口を開口してます

作った当初は気に入っていたリアウイングもイマイチかなと思い作り直し

サイドミラーは小型にしました

右はメンテナンスハッチ用のキャッチです

いよいよ塗装に入ります

まずサフ吹き

ちょっと混ぜ物をした白(リューグーホワイト)で塗装

そこいらにカーボンデカールを貼っていきます

エンジン周りの塗装が終わったので駆動系一式を組み込みました

素敵な縦置きミッドシップです

雨の日とかダートとか走りたくない仕様

ミッド化により追いやられた燃料タンクはフロントに移動

燃料が半分くらいのときが個人的に走りを楽しめる予定

ライトはメッキシルバーで塗装

ボンネットにデカールを貼っていきます